D独楽と心体 3

独楽度アップの中心軸は?
立位では操り人形のように頭頂から吊るされたような重力と同調した軸。
最小の筋力で支えられ、骨で立つという力みのない姿勢です。

歪んでいても本能的に重力と同調させようと緊張を余儀なくしているともいえます。

無重力であれば緊張緩和はたやすいはずで、アイソレーションタンクやプールで
浮き輪を付けポッカリ浮いていると緩んでとても気持ちよいです。


座位では坐骨に乗れている姿勢で骨盤が起きています。
ソファーでぐでぇと座っているのは骨盤が寝ていて、腹筋は収縮。
そのまま立てば猫背で背面の筋肉は引っ張られている状態です。

ストレッチでわかるように痛みは収縮する筋ではなく引っ張られる方に感じます。
ですから腰痛は腹筋や前面の屈筋が収縮し背面が引っ張られて痛むのです。

同時にその姿勢は前かがみだから支えが必要で膝に負担がかかっています。
膝に水が溜まる・痛む、そして水を抜く・痛み止めを使う。一時しのぎで治らない。
「ん~、老化ですからね」治らないのは歳のせいにされてしまうわけです。


原因は骨盤が寝ていることなので、対症療法や鍛えるのではなく
腹筋の緊張を緩め骨盤を起こすことがポイントです。

骨盤が土台となり背骨が柱で頭を支えますから骨盤=腰が軸に影響することが
わかり字も腰が要と示しています。



骨盤を起こすのにお勧めは猫のポーズ

  imagesO9G6FNC8.jpg

四つんばいで背中を丸めおへそを見る→骨盤寝る
四つんばいで背中を反らし天井を見る→骨盤起きる
丸める・反らすの可動域を広げられるほど背骨は柔らかく骨盤は起きます。

四つんばいは大転子の靭帯が解放されています。


犬やネコの股関節の可動域が広いのはこのためですし、
試しに四つんばいで動かしてみればわかります。

しかし二本足で立つと靭帯が後方に捻じれた状態になるので
大転子はロックされ骨盤が寝やすい構造
なのです。


それと呼吸も大切ですが、同時にイタワリのコトバを頭の中で回します。
あるいはニャ~、猫になりきる。(ミラーニューロン活性)

なぜかというとコトバは光透場、場のエネルギーです。

質問に対し、生体電流・血圧・心拍数などの変化がわかるポリグラフ(嘘発見器)
でわかるように、体はストレートにコトバに影響されます。

ネガティブなコトバは緊張に、ポジティブなコトバは緩みに働きます。

あるいはフワフワ~・トロ~ン・ユルユル・シュッ・シャキーン・・・オノマトペも
音のエネルギーで効果発揮です。


ゴチャゴチャ思考したり説明して効果を出そうとするより、コトバのエネルギーに
乗っかるとスムーズというかオートマチックに変化するわけでとっても面白い。

音=コトバのエネルギーを積極的に使いたいし、トルクアップさせたい。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad