Dサプリメントの注意 4

タイムリーに芸能人の覚醒剤がニュースになっています。

ストレス状態は自律神経の緊張で血糖を上げたくなります。
簡単なのは糖質補充で、アルコール・甘い物・炭水化物の摂取。

それで一時的に自律神経のバランスは取れますが、
自律神経緊張を対症療法的にカバーしているだけなので禁断症状が出ます。


空腹感(糖質欠乏)でイライラ・不安・集中力欠如・・・に陥り、
糖質補充したくなり飲みたい食べたい、食べていないと落ち着かない。

糖質中毒です。



そもそも体調不良は自律神経緊張、酵素の減少状態です。
それでサプリメントや薬を摂る訳ですが、結晶体なので酵素が働かなくていいので、
効果が早いが糖質摂取と同様対症療法的なので依存しやすくなります。

飲まないと体調が悪いとなるし、酵素は減るので同じも物では効きにくくもなります。


覚醒剤も結晶体で強くて即効性が非常に高く、その分切れたら落差がすごいので禁断症状が出ます。

結晶体であれば即効性や強さの違いだけで、いずれにしろ酵素は働かなくていいので減少傾向です。


酵素の減少が自律神経・免疫力に影響し体調不良になる、
それで安易にサプリメントや薬を摂り、ますます酵素の減少傾向になっていきます。


覚醒剤は別格にいけない物の印象がありますが、
向精神薬、一般的に使われる安定剤・睡眠導入剤等も強さの違いと言え、他の薬も結晶体です。

サプリメントは不足する栄養を補うような健康志向的なイメージがありますが、
結晶体としては同じです。


薬やサプリメントの結晶体での摂取が裏腹に酵素を減少させやすい。
食事で摂るのが一番ですが、食べ過ぎると内臓の疲労になり
蓄積していくと機能障害、つまり病気になります。
治療のために薬やサプリメントを飲むという流れになります。

食べ過ぎ、特に糖質はカンジダ菌の大好物です。
カンジダ菌が癌を始めほとんどの病気の原因に繋がります。

最近、糖質制限が注目されるていますが、カンジダ菌とリンクさせると更に納得します。

薬やサプリメントと酵素の仕組みを踏まえ、上手に使いたい。



カンジダ菌を増殖しない食事やコトバの使い方が大切に思います。

時折の断食や絶食は、寝ぼけた体の機能回復や自力酵素増殖にはとてもいいです。
その時に禁断症状や体に蓄積された薬やサプリメントの結晶体や重金属の
デトックス、カンジダ菌の飢餓反応で辛くなりますが、MMSを飲むと効果が早いです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad