D 筋肉を緩めると体調が上がる

筋肉を緩めることは

腰痛肩こり痛みだけではなくあらゆる症状が良くなる。


よく相談を受けるので

長年の冷え取り、食事療法、薬やサプリを飲んでいても

一向に良くならないのはなぜかアプローチしたい。サプリメントの注意



冷えは万病の元、確かにそうである。

なぜならば冷えは血流が悪い事で

血流が悪ければ酸素や栄養供給が上手く行かず機能低下=病気である。


そのようなことは皆さんご存知であるが

なぜ血流が悪いかとなると

ん?冷えているから 毒素が蓄積しているから 栄養が不足しているから?・・・

と考えてそれらを改善しようとする。


栄養不足というより

血流が悪いため消化吸収が悪い、有用菌が増殖せず必要な栄養素を創れない

ホルモンを分泌できないなど内臓の機能低下に陥っている。



医者に言われるままの薬漬けや

サプリのCMやTVや雑誌の健康情報に踊らされ

ネバベキの頭で食べる食事療法に躍起し、更には自己否定に無自覚である。


何をしようが肝心な筋肉が硬いと

有用菌増殖も血流もドロドロも改善はしないのに

筋肉に意識を向けることはない。



血流が悪い事は筋肉が硬い事である。

中にある血管は圧迫されるので当然である。


血液は心臓からポンプされるが

毛細血管で網羅される体の隅々にまで送るには相当な圧が必要で

握りこぶし大の心臓だけではまかなえない。


収縮と弛緩、筋肉の動きが血流を上げているのである。



筋肉が硬い事は

中に網羅される血管の圧迫の他、収縮と弛緩の幅が狭いので

ポンプ作用が少ないのである。


冷えるのは当然であり、

筋肉が硬く血行不良では

漢方であれ何であれ、体に良いものをといくら摂取しても

消化吸収されにくく内臓に負担をかけているので

体力も免疫力も上がりようがないのである。



肝心な筋肉が硬い事を置いておき

これなら良いですか、ダメですか、どうすればいいですか?と聞いてくるが

情報に翻弄され不安に飲み込まれている。


(なぜ不安に飲み込まれるかと言えば

首肩の筋肉が硬く脳の血流が悪いからで、無理もないのである。)




高血圧

首肩の筋肉が硬いと脳に血液を送るのに圧を上げざるを得ない。

上げる必要があるからそうなっているのに

薬で下げれば心臓は心拍数を上げて送ろうとするので

細く速い頻脈になり、不整脈を招くのは当然である。


筋肉を緩める事を知らない為に

医者に言われるまま生涯飲み続け、

薬は脂溶性の為ほとんど脂の成分の脳に蓄積され認知症の道を歩む。



高血圧、脳血管障害は元より

ウツ、不安、統合失調、不眠、認知症、目、耳、鼻、めまい、頭痛、花粉症・・・

首から上の症状はどれも首肩の筋肉が硬く血流が悪いからである。


その様な症状の人は首肩をチェックすると良い。



医者は分析の検査だけで

「木を見て森を見ず」だから対症療法しかできないが

森を見れば、どの症状も血流が悪いから起きているわけで

そのためには筋肉を緩めることが大切と解ると思う。



免疫力

究極は癌であるが、筋肉を緩め血流を上げることが何より大切である。

なぜならば血流が良くなることで体温が上がりNK細胞が活性化される。


体温を上げる大切さはわかっていて

冷え取りや食事に気を付け温めることをやるが

肝心な筋肉を緩めることには気づかないのである。



ダイエット

なぜ太るかと言えば

基礎代謝が落ち脂肪の燃焼が悪くなるからで

筋肉が硬くなり血流が悪いからである。


特に褐色脂肪細胞がある首肩、肩甲骨周りが硬いのである。


あれが良いこれが良いと踊らされ、カロリー制限に躍起するが

筋肉を緩めれば血行が良くなり

基礎代謝が上がり免疫力だけでなく脂肪の分解が向上し

食べても太らない体になる。


ちなみに運動は脂肪の燃焼だが、筋肉が緩むことは脂肪の分解になる。



年齢と共に太りやすい、あるいは老化を別な言い方をすれば

筋肉が硬くなることである。



筋肉を緩めることは血流が上がり

腰痛肩こりなど疼痛疾患や運動器疾患、パフォーマンスだけではなく

脳力=能力アップ、免疫力アップ、内臓の機能向上、ダイエット・・・

あらゆる症状の改善や若返りになる事を理解したい。


筋肉を緩めることは

鍛える事やストレッチで伸ばす事ではない。




D 依存症を菌からアプローチ

過食、アルコール、タバコ、ドラッグ・・・わかっちゃいるけどやめられない。

硬く決意しても砂上の楼閣で依存症は難しい。


なんでわざわざ体を悪くすることをやり続けてしまうのか。



私って何?(菌アプローチ)でアップしたように

体は菌の複合体である。


体を構成する60兆の細胞より腸内細菌(1000兆個)の方がはるかに多く

私達は菌に支配されていると言えるのである。


エネルギーは空にあり、それを触媒するのが有用菌である。


有用菌が増殖するほど

空からエネルギーをチャージでき

生命力=免疫力=自然治癒力が高く自律神経活性となる。


命の活性は本来性に回帰するので

健康で豊かで明るく軽く安らぎに満ち、

調和が連鎖する間に合っている世界を開くが

全ての根源、神、愛とも言える空のエネルギーを有用菌が触媒するからである。



しかしカンジダ菌で代表する悪玉菌、病原菌増殖では

空のエネルギーを触媒どころか真逆の生命力低下で病気を発症させる。


カンジダ菌増殖で体は酸欠になって行く。

酸欠は内臓機能低下であり硬い筋肉、動脈硬化、血液ドロドロ・・・

病気を余儀なくするだけでなく

増殖したいために糖質は勿論様々な酸欠をもたらすものをホシイホシイする。


食の嗜好と思考はカンジダに支配されているので

菌退治するとあら不思議!

何の無理なく嗜好と思考が良い方に変化していく。



思考や感情では

イライラ、キレる、落ち込み、不安に駆られる・・・ネガティブになりやすい。

明るく考えよう、先の事は考えるのは止めよう、穏やかになろう・・・

など試みるが難しい。


そしてできない自分を責め=自己否定に埋没するが

カンジダのせいなのである。




カンジダ菌が元気になるのが夜、夜中であり陰の帝王である。

(思考も感情もネガティブは当然)


夜になるとアルコールを飲みたくなるのもその為であり

盛り場は夜に花開く。


ひどくなれば昼間からあおりたくなる。(アル中)


ウツや引きこもりは

夜中に目が冴えスナックや糖質たっぷりの清涼飲料や酒を欲し

日の出と共に菌が大人しくなり眠くなり昼夜逆転するのは

カンジダ菌に乗っ取られているからである。


いくら早く寝なさい起きなさいと説教しても無理であり

かえってストレスを強める。


強く決意しても菌には勝てない。


体も思考と感情も菌に影響されている事を知らないと

ダイエットや禁酒禁煙等大変な我慢を強いてやるが

それは自律神経緊張を増長するのでカンジダ菌はウハウハなのである。



特に過食の場合

頑張ってダイエットに励むが、

我慢と頑張りは自律神経緊張を余儀なくしているので

実はカンジダ菌の内圧を強める。


やったー 目的達成!

カンジダ菌は好物の糖質に飢えているので

減量できたと緩めると反動で溜め込もうとしどうにも止まらなくなる。

リバウンドの恐ろしさである。



カンジダ菌増殖の体は

首は縮こまり肩は内旋し骨盤の寝た猫背で硬く

臓器で言えば副腎疲労であり、脳の酸欠で機能低下

エネルギーラインはアナハタが詰まっていて

意識は自己防衛が強くおどおど萎縮し、ネバベキにロックされた自己否定である。




とにかくカンジダ菌はねちっこいため

依存から抜け出そうとするほど依存を強めやすいのである。



カンジダ菌退治には

MMSが力を発揮する。

MMS浣腸でねちっこいカンジダのバイオフィルムが排出される。


自然と甘い物が欲しくなくなり少食になり

嗜好も変わるし、思考と感情も明るく軽くなるのを

体験者は皆さん実感される。




D サプリメントで悪くなる

長年サプリメントを摂っているが一向に良くならならず

かえって悪化しているクライアントさんが来院。

ブログにあることが全部当てはまり納得されたそうだ。



体はカチカチに緊張し不眠、精神不安でどうしようもなく

自律神経失調症状であり、

色々行脚してきたようで何にすがればいいのかわからない。


分子栄養学も受診し不足するものをサプリで摂取している。

病院で様々な検査や血液検査をもとに薬、そしてサプリを処方されてきたという。




なぜ不足するものをサプリで補っても良くならないのか

同様の食事なのに家族の中でなぜあなただけが不足するのか説明した。


エネルギーは空にあり有用菌が触媒する

酵素結晶、ホルモン結晶、鉱物結晶が空にあるエネルギーを吸着する。

私って何?(菌アプローチ)


それらが不足すればエネルギーを受け取れず

生命力は高まらないのである。

(免疫力、個性の開花、運気の向上、間に合っている世界は

空にあるエネルギーを有用菌が触媒し醸し出すのである。

逆はカンジダ菌で代表するネガティブ菌増殖が醸し出している。)



栄養学は食物にエネルギーがあるとしているが

それでは不食の人や千日回峰など粗食少食で過酷な修行ができるのか

説明がつかないのである。


その様は人は空にあるエネルギーを触媒し吸着する有用菌が増殖している。


タンパク質の基は窒素であるが

窒素固定菌が増殖していれば空気中の窒素をタンパク質に転換できる仕組みである。

仙人は霞を食べて生きているというが、有用菌増殖で可能なのである。


(大豆がなぜタンパク質が豊富かと言えば

根の根粒菌が窒素固定菌である為窒素をタンパク質に転換するからである。)




例えば豆腐を食べる。

有機物の段階である豆腐は消化酵素でタンパク質に分解され

更にアミノ酸という結晶体にされる。


消化とは有機物を結晶体に転換する事であり

空のエネルギーはそれぞれの結晶体に見合って吸着される。


(宝石は鉱物結晶であり水晶、ダイヤ、エメラルド・・・様々あるが

それらの結晶に見合うエネルギーを吸着している。

パワーストーンやら宝石をジャラジャラ着けたがるのも

なぜ体にミネラル=鉱物結晶が必要なのかもわかってくる。)



生命力は

有機物を結晶体に転換する有用菌(ホルモン、酵素)が要であることが解るが

サプリや薬は結晶化されているので即エネルギーを吸着し効果が早いのである。


(疲労回復、エネルギー補給にスポーツドリンクや栄養剤があるが

結晶体で入っているから即効性があるが常用は気を付けたい。)



結晶化された薬やサプリの摂取は

有機物を結晶体に転換する酵素、ホルモン、有用菌は

必要がない事になり減少していく。


それらの減少は免疫力、生命力、自然治癒力などの低下になるのである。


そうなると様々な症状を発症し、治療に薬やサプリの摂取となり

摂取すれば結晶がエネルギーを吸着はするが

酵素、ホルモン、有用菌は増々減少していく負のスパイラルなのである。



サプリや薬は初めは効果を感じるが

だんだん効かなくなるしかえって生命力を弱めてしまうのである。


そうなると今度はこれが良いと勧められたり

コマーシャルに洗脳され菌も金もなくなる仕組みに飲み込まれ

人口削減とゴイムを目論むイルミナティの思う壺である。



有用菌の減少は生命力の低下であり、その体は酸欠で血流は悪く

角度を変えれば筋肉が硬縮している。


クライアントさんは全身カチンコチンであったが

不眠や不安、ウツ症状は脳の酸欠であり血管が通る首や肩は当然詰まっている。


また副腎疲労とリンクし

ホルモンや腸内細菌の司令が働かずホルモン分泌や有用菌は増殖しにくいし

足は冷えるし腰も悪い。


食事に気を付けても有用菌が増殖しにくいのは副腎が機能低下している。

その原因はストレスであり特に親からの抑圧でネバベキの思考と感情が強く

無自覚であるが自己否定できている。




改善のためには血流を良くする=筋肉を緩めることであるが

医者は検査ばかりで薬やサプリの処方だけであり

筋肉を緩める運動や施術は皆無である。


筋肉を動かさなければ血流は上がらない肝心な事を無視している。

冷え症は筋肉が硬い


肩首を緩め脳の血流を良くしてあげれば不眠もウツも改善するのだが

薬やサプリでは筋肉は活性せず心臓のポンプ作用をフォローできないし

更にはそれらは脂溶性の為(水溶性ならおしっこで流れ効かない)

長期服用で脂に蓄積し薬害、機能低下を招く。

肝臓や脳はほとんど脂である。首を緩めたい 1



口呼吸、内臓の機能低下になる冷たい物の飲食にも気を付けたい。


メンタルでは自己否定からの解放にイタワリの音波云が大切である。

ネバベキの音にロックされていたら自己否定のままで

副腎の機能は上がりようがないのである。


MMSでカンジダ菌退治と蓄積した有害物質の分解。



D 冷え症は筋肉が硬い

冷えは血流が悪い事はご存じだが

なぜ血流が悪いのかとなると難しく考えている人が多い。


血液ドロドロ、毒素が蓄積しているからと

抗酸化食や排毒を促す玄米食で改善を図ろうとしている。


しかしなかなか改善しない。




なぜ血流が悪いのかシンプルに捉えてみよう。

話は簡単、筋肉が硬いのである。


血管は筋肉の中にあり、筋肉が硬ければ血管を圧迫し流れが悪いのは当然である。

筋肉量の問題ではなく、筋肉が柔らかければ血流は良いのである。


心臓の位置は胸の中央部、握りこぶし大のポンプで全身に送るのであるが

その圧だけでは賄いきれないため

それをフォローするのが筋肉の収縮と弛緩で

柔らかい筋肉であれば動きの幅が大きい。


心臓から押し出された血液は重力で下半身に流れやすく

足の筋肉、特にふくらはぎの動きで押し戻される。


ふくらはぎは第二の心臓と言われる由縁である。


足先が冷たいのも足関節の詰り=アキレス腱・ふくらはぎの硬さ

足先の動脈と静脈のふん合部の圧が弱いからである。



     7-1[1]


冷えは足の血行不良

血液は心臓から腹部大動脈から鼠径部を通り下肢へ流れるが

鼠径部と膝窩部(膝裏)の緊張で動脈の流れがブロックされている。


股関節、膝関節、足関節の詰りが血行を悪くしているのだが

筋肉は関節をまたいで付着しているので

それらの詰りは筋肉が硬いからなのである。


血流も悪いし、心臓に押し戻す力も弱い。



筋肉を柔らかくすれば

血行が良くなり冷えは取れていく。


筋肉を鍛えるのではなく

柔らかくする=緩める運動が大切である。緩める事と伸ばす事の違い



首肩腋下腰回りには脂肪を燃焼する褐色脂肪細胞がある。

それらの筋肉を緩めると脂肪の燃焼が高まり体温が上がる→

基礎代謝アップ→免疫力アップとリンクする。


腰回りが緩むことは副腎の機能が上がる事でもある。




D 冷え取りの菌アプローチ

冷えは万病の元

病気は血液の濁りと流れが悪いことなので確かにその通りで

靴下の重ね履きや玄米菜食で血液の浄化を図っている。


しかし、何年励んでもなかなか改善しない人が来院する。


なぜ改善しにくいのか菌からアプローチしたい。



病気は酸欠と血流が悪いこと(冷え)であるが

原因は 私って何?(菌アプローチ)でアプローチしたように

カンジダ菌の増殖がある。


嫌気性菌のため酸素なしで増殖し

酸欠の体となり毒素の蓄積、内臓の機能低下=冷え、硬い筋肉・・・


つまり冷え=病気の大きな原因はカンジダ菌増殖と言える。


排毒と躍起になっているが

確かに重金属や様々な添加物農薬、薬物の蓄積、環境ホルモン・・・

などの有害物質はあるが、

カンジダ菌増殖による酸欠=冷え、自律神経緊張に気づきたい。


無添加無農薬のものを飲食し自然のものを使用しているのに

良くならない原因がとにかくねちっこいカンジダ菌にあり

有害物質だけでなくカンジダ菌が毒を生んでいると考える。


糖尿病が解りやすい例だろうか。

糖質過剰摂取でカンジダ菌増殖で、

動脈硬化もだが壊死は血流が悪くまさに酸欠症状である。




エネルギーは空にあり

それを触媒し取り入れるのが有用菌で、有用菌増殖するほど

生命力免疫力は高まっていく。


有用菌増殖を図れば空のエネルギーが取り入れられ

冷えだけでなく健康と安らぎ、個性の開花、運気も上がり

調和が連鎖する間に合っている世界を開いてくれる。




しかし、なぜ食に気を付けていても有用菌が増殖しにくいのか。


フィジカル面からいうと

副腎の機能低下のままである。


副腎はあらゆるホルモンの司令塔だけでなく、

腸内細菌に関与するので機能低下では良いものを摂っても

有用菌増殖に繋がりにくいのである。


機能低下は必ず変位している。

その為大腰筋硬縮で骨盤や背骨を歪ませ自律神経緊張になっている。

食事で変位が改善すればいいのだが、食事だけでは難しい。


なぜならば食事に原因があればその改善で良くなるが

機能低下の原因が他にもあるからと考える。




では何がそれほど副腎を機能低下させているのか。


それがストレスである。

ストレスで副腎から抗ストレスホルモン、コルチゾールが分泌され

血糖値を上げる事でバランスを図る。


その為に甘い物お酒など糖質が欲しくてたまらなくなり

糖質大好きのカンジダ菌は簡単に増殖する。


ではなぜストレスが強いのか。

無自覚であるが自己否定している。


その原因を掘っていくと幼少期の親の抑圧があり

その反動で自己防衛のネバベキの思考と感情と自己否定を強め

長期慢性ストレスに陥っているので

副腎の余剰エネルギーは枯渇の一途なのである。


それに反比例しカンジダ菌は増殖の一途である。

自己否定していては有用菌の増殖は難しい。


カンジダ菌はネバベキの思考と感情と甘い物が大好きで

そのような人はカンジダ菌にはパラダイスなのである。



私達は菌に支配されていると言っても良く

空腹も飲食嗜好も行動も増殖のために菌がそうさせている。


わかちゃいるけどやめられないのは菌がそうさせているので

いくら固く決意しても勝ち目はないのである。


依存からの脱却が難しいのは菌のハタラキに気づけないからと思う。



そして菌からのアプローチから観えてくるものが

口呼吸である。


いくら無添加無農薬にこだわっていても口呼吸をしていたら難しい。

菌が口腔内は勿論(虫歯・歯周病・口臭)、体内に侵入するわけで

白血球は疲労し減少か異常増殖(白血病)、

疲労した白血球に運ばれ関節に巣食えばリウマチ、

内臓に巣食い極まりが癌、弱い所に増殖していく。



自己否定や口呼吸をしながら飲食に拘り排毒に躍起しているが

食べ物は大切であるのは言うまでもないが

大概は、食べ物にエネルギーがあると錯覚しているから

正食邪食とジャッジしている。


だからちょっと甘い物や動物性たんぱくを食べたからだ、

あるいは我慢できなかった自分を責めている。




エネルギーは空にあり

それを触媒しているのが有用菌であることを再認識したい。


飯→食+反と書くのである。

「食べるに反する」ことが飯とは、コトバなのである。


口から出すものがコトバであり、愛と感謝、イタワリと許しが

エネルギー触媒する有用菌増殖になることに気づきたい。


その理解の元に感謝しよく噛めば大概のものは

無毒化でき有用菌増殖にも持っていけるのである。



体の声を聞けずネバベキで知識でジャッジした飲食では

副腎を疲労させ

カンジダ菌の方が増殖しやすいのである。


菌は意識と連動するからである。



口呼吸と冷たい物の飲食をやめ

自己否定からの解放のイタワリと

菌退治の秘密兵器のMMSで冷えは改善され

有用菌増殖が醸し出す調和が連鎖する間に合っている世界が開かれていく。


菌のハタラキとコトバのエネルギーが要と考える。




D 私って何?(菌アプローチ)

2017-02-27 私って何?に続き菌からアプローチしてみたい。


私達の体を構成する細胞は約60兆と言われ

その体内に生命活動の為に菌が働いていてる。


腸内細菌→1000種以上,1000兆個

口腔内→500種以上
皮膚→数百種、14万個/1cm2


体内には2000種類以上の細菌がいる。


体を構成する細胞より格段に多い事は

私は菌の複合体と言えると思う。



菌の質や状態が病気や体調、太るのも痩せるのも

肌や体臭にも好みにも影響していることは勿論であるが

思考と感情にも及び、

私は菌にとっての宿主であり菌にコントロールされているのではないかと考える。



昨日のアップの五十肩も口腔内の菌が影響しているし、

心臓の弁膜に運ばれコクサッキーウィルスがコロニーを作れば心臓病に

癌はカンジダ菌による内臓にできた水虫といえ シモンチーニ博士


ウツは

脳の酸欠であり、脳の血流が悪いので肩首は硬く

嫌気性菌の増殖(カンジダ菌)があり

甘い物、お酒の摂取が多い→血糖値が高い。


ウツに糖尿の薬が有効といわれるのは

カンジダ菌の増殖を裏付け、脳の糖尿病とも言える。


認知症は

脳の酸欠=萎縮で機能低下→嫌気性菌(カンジダ菌)の増殖で

飽くなき食欲、甘い物大好き。


(様々な病気の原因は口呼吸による菌の侵入が大きいと考えられる)


筋肉の質は

好気性菌が多ければ酸素供給が活発で柔らかいが

嫌気性菌が多ければ硬い。




菌には

有用菌(善玉菌)・病原菌(悪玉菌)・日和見菌(優位の方に傾く菌)に分類される。


エネルギーは空にあり、

有用菌が触媒し取り入れているので

有用菌増殖が免疫力や生命力の要である。菌のハタラキ


生命力が高まることは本来性に近づくことであるから

有用菌増殖=生命力アップ=自律神経活性=個性の開花=意識の拡大・・・とリンクする。



また生命力アップは角度を変えれば運気が高まる事でもあり

有用菌増殖で空のエネルギーをどんどん取り入れる事とも言える。


空にエネルギー=全ての要素があるのだから。


病原菌・悪玉菌が増殖では全く逆の現象を生み、

生命力も運気も上がらない。


運気を上げるには

有用菌を増殖させることであり

売りコトバを買わずにイタワリとモンダイナイの音波云で加速される。

(肯定するから今が近づきエネルギーが高まる)


運気を菌とコトバの使い方(音のエネルギー)から捉えると面白い。




菌の角度からアプローチするといろいろ解ってくる。

パワースポットとは

有用菌が豊富な所=場のエネルギーが強い=イヤシロチ。


逆は酸化腐敗をもたらす病原菌・悪玉菌が増殖する場=ケガレチ


農作物も有用菌が豊富な土壌で立派で美味しく、

逆では出来が悪いし病気である。



病原菌・悪玉菌         有用菌・善玉菌

生命力低下           生命力向上

緊張萎縮(酸欠)         活性(酸素補充)

嫌気性菌            好気性菌

酸化・腐敗           還元・発酵

生体電流の+電気発電      生体電流の-電気発電

ケガレチ            イヤシロチ

ネガティブな思考と感情     ポジティブな思考と感情

濁ったオーラ          輝くオーラ

運気が悪い           運気向上

不調和で間に合わない世界    調和の連鎖で間に合っている世界


などといろいろリンクする。



菌が思考と感情に影響する

例えば、過食や甘い物やお酒は控えたい

あるいはイライラしてはいけない、ネガティブではいけないと

頭ではわかっているが止められないのはなぜか?


カンジダ菌がホシイホシイするからであり

菌に乗っ取られている状態では意思の力など砂上の楼閣である。



どちらの菌も増殖を図っている。

有用菌と悪玉菌のせめぎ合いなのだ。


もしカンジダ菌で代表する悪玉菌が優位であれば

増殖の為に脳に作用し空腹感を感じさせ甘いもの食べたい、お酒飲みたい

甘くて冷たいアイスクリーム大好き(内臓の冷え→機能低下=酸欠=増殖しやすい)



飲食のコントロールだけではない

同調する対人関係(類は友を呼ぶ)、環境、行きたくなる場所・・・

イライラ、ネガティブ、落ち込み・・・

菌は増殖の為に思考と感情もコントロールしているのではないかと考える。


わかっちゃいるけどやめられないのは菌がそうさせている。餓鬼

アトピー、糖尿、水虫や癌で解るように

カンジダ菌はとにかくねちっこく手ごわい。


ネバベキの自己否定とジャッジ、口呼吸し甘い物冷たい物が大好きな人は

カンジダ菌にとってパラダイスであり

イタワリとMMSが天敵なのである。



意識と菌は連動し菌が意識に影響する

腹黒い、虫の居所が悪い、腹の虫が納まらないなどと

菌が思考と感情に作用していることであるし

直観をgut feelingというが 腸の感覚は菌の作用であり

虫の知らせの事ではないか。


つまり菌がセンサーなのであり

有用菌が増殖するほど

先に挙げた生命力とリンクする内容を高めるものを選べることであり、

それがセンスの良さと言えると思う。


悪玉菌の増殖はセンスが悪いのであり

不調和で間に合わない世界とリンクする。



菌は場のエネルギーに影響される。

いわゆるイヤシロチには有用菌が、ケガレチには悪玉菌が増殖するが

意識と菌か連動するように

意識はコトバである→コトバ光透場と取れるように

コトバが究極の場のエネルギーであるので

「愛と感謝、イタワリと許し」の音=コトバに有用菌は連動する。



オーラを菌から捉える

菌はものすごい数で微細に動いている=振動し電気を発電している。

その振動=エネルギーがオーラと言える。

悪玉菌であれば+電気で濁ったオーラ

有用菌であれば-電気で輝くオーラ


肌が合う、気が合うなどもお互いに同調する菌がいるからである。

同じ釜の飯を食った仲→同調する菌の増殖。



悪玉菌、有用菌どちらにしても存在と増殖の為に

宿主の私を支配しコントロールしていると考えられるのである。


増殖の為に

出会い、場(仕事、対人、環境・・・)を変え、

あるいは守りたいが故に閉じこもり、

修行で山に籠るのも空のエネルギー触媒する有用菌増殖と守る為に、


セックスはイタワリ合うほど有用菌が増殖し、

菌の受渡しで菌が求め合い増殖と共振共鳴が快感を生む

と捉えるもの面白いではないだろうか。



スピリチュアルを精神面だけでアプローチするのではなく

菌からもできると面白いし

運気を上げようと方位取り、お水取り、パワースポットなどを

場のエネルギーを受ける=有用菌増殖の観点から捉えると広がるし

印鑑やツボなどグッズに求めてもむなしいのではないだろうか。



私は私を構成する菌であり、

有用菌が増殖するほど

菌の働きから調和を足していく存在=和足しであり

空のエネルギー=愛に共振共鳴を深めていく存在である。


健康で豊かで安らぎに満ち、調和が連鎖する間に合っている世界を開くには

空のエネルギーを触媒する有用菌増殖が要であり

空の実態である「愛と感謝、イタワリと許し」のコトバに連動すると考える。



そしてその基になるのが

出産時に母体(産道)から受け取る菌であり、母乳・乳首の常在菌からであり

スキンシップでありそれに伴うコトバであり

環境ではないかと考える。


母と子はエネルギーがダイレクトというのは菌で繋がっているからだ。

英語でkin→血縁、直結の意味であり

まさに菌=kinである。




D 五十肩と口呼吸

五十肩でいろいろと治療をしてきたが良くならないと来院された。


その原因を掘ってみたい。

経験上五十肩で来院されるほとんどの方は、歯周病、虫歯、口臭がある。


経緯を聞くまでもなく

歯周病や虫歯がありませんかと聞かれて、なんで解るのか戸惑う。



リンパの流れで解るように歯から菌がリンパや血流で運ばれ

首のリンパ節、鎖骨下静脈、腋下リンパ節に詰まり

関連する筋肉の栄養と老廃物の流れを悪くする。


     img_0[1]



五十肩の大きな原因が口腔疾患にあると考えている。


では口腔疾患の原因は何かというと、口呼吸である。口呼吸


口呼吸をしていては菌がダイレクトに侵入する。



いろいろ治療を受けてきても治りが悪いのは

口呼吸をしていては口腔疾患の治りが悪いだけでなく

菌が首や肩周辺のリンパ節に運ばれ続けることになる。


リンパからとらえれば

頸部リンパ、鎖骨下リンパ、腋下リンパ節が固くなっている。


筋肉からとらえれば

上腕骨に付着する大胸筋、広背筋、大円筋、三角筋などの硬縮がある。


治療は

リンパの流れを良くし、関連する筋肉を緩める事であるが

口呼吸を改善し

口腔疾患が良くなることが五十肩の治癒に重要なのである。


MMSの飲用、歯磨き、塗布で口腔疾患は驚くほど改善する。




Dフリーエリア
Dプロフィール

桑原大治

Author:桑原大治
宇宙は光透波
無限分の1秒で無限大を回る絶対速度、命でありコトバの本質と解く小田野早秧先生に1984から御逝去の2001まで師事し光透波理と字割を元に、埼玉県川口市でカルナ治療院を開いています。

腰痛、膝痛、首痛、顎関節症、スポーツ障害、内臓疾患、ウツ、自律神経失調症
メンタルからもアプローチしながら対応します。
改善しにくい原因に、無自覚の自己否定、口呼吸、菌の影響があります。
MMSのアドバイスもします。

予約制、水曜・木曜休診

JR武蔵野線、地下鉄南北線(埼玉高速鉄道)
東川口駅歩3分 

問い合わせ
kt99av@bma.biglobe.ne.jp

Dカレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
D最新記事
D最新コメント
Dカテゴリ
D月別アーカイブ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dフリーエリア
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア

FC2Ad